« 堀川フラワーフェスティバル 2015 (5/8~23) | トップページ | 太閤まつり (5/16-5/17) »

2015年5月 7日 (木)

名古屋西幼稚園

FineCity(ファインシティ)から北西約1500mに、名古屋西幼稚園があります。
先日の雑誌に記事が載っていました。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

明治41年創立。歴史と信頼ある幼稚園
 創立106年目「名古屋西幼稚園』は、今や3~4世代に渡る多くの卒園生を輩出する市内有数の伝統園です。
挨拶や言葉づかい、姿勢などの「しつけ」に力を注ぐと同時に、ピアノやヴァイオリンといった様々な才能教育を創立時より積極的に導入。
現在では「幼児文化芸術協会」の加盟園としても活動しています。
 八幡憲治園長は、以前は小学校・中学校教諭として26年間の経験を積んだ人物。
「長年に渡り教育現場にいましたが、改めて実感したことは幼稚園での「しっけ」の大切さ。
自ら進んで挨拶できることや正しい言葉づかい、姿勢などを自然と身に付けられるのがこの幼少期だと思います。
一人ひとりに目を配り、その子の成長の度合いに合わせた対応を心掛けています」と話します。
そんな八幡園長、実は自身も同園の卒園生。
「時代とともに幼稚園に求められるものも変わりますが、長い歴史の中で培ってきた「しつけ」に関する教育ノウハウは現在でも健在ですし、これからも大切にしていきたい精神ですね」と、優しい表情を浮かべます。

「体験」を重視した知的好奇心を育む園生活
 園生活では、集中力を・高める「心身統一」や園庭で体を元気よく動かす西幼サーキットなどの「体力アップ」、ミュージックステップによる「音感教育」、年少・中・長組が一緒に活動する「なかよし交流タイム」といった子ども達の五感を刺激する時間が盛りだくさん。
また「文化芸術親子体験教室」では、茶道や陶芸、民族楽器といったプログラムに親子で一緒にチャレンジします。
「普段はなかなか触れられない体験をすることで物事に対する意識を高め、品格を身に付けてほしいなと思います。そして何より、親子の楽しい思い出づくりに貢献できれば嬉しいです」。
 「楽しい園生活の・中で、身に付けるべきことをしっかりと身に付け、様々な経験を通して知的好奇心と可能性を育む。それが幼稚園の役割であり、子ども達の『幸せづくり」に繋がると思います」。
そう話す八幡園長。
名古屋西幼稚園には、子ども達を健やかな未来へと導く笑顔と愛情がいっぱいです。

150308nisi

150308nisi2

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« 堀川フラワーフェスティバル 2015 (5/8~23) | トップページ | 太閤まつり (5/16-5/17) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。