« エレキッズ会員限定イベント「春の親子バス見学会」 (3/29) | トップページ | おやじバンド 円頓寺PR »

2015年2月 5日 (木)

ドラマ舞台 大須見たい

FineCity(ファインシティ)から南東約1800mに、大須商店街があります。
現在、NHKで放送中のドラマ「全力離婚相談」は、大須商店街でロケがされたようで、先日の新聞に記事が載っていました。

----------------------<引用ここから>--------------------------------

150127oosu

 中区の大須商店街を舞台にしたNHKドラマ「全力離婚相談」(全7話)のロケ地が、1月6日の放送開始後、注目を集めている。
ドラマを見たファンらが撮影地を訪れて写真を撮る姿が頻繁に見られ、商店街では大須の魅力をさらに発信できると期待が高まっている。
 ドラマは、女優の真矢みきさん演じる弁護士の竹内美晴が、あんかけスパゲティ店「あんスパTetsu」の2階に離婚相談室を開設し、夫婦の離婚案件の解決に奮闘する物語。
舘ひろしさんや渡辺哲さんら名古屋ゆかりの俳優も多く登場する。
 メーン舞台となった店と相談室は、商店街の南西にある仁王門通から北へ入った路地に立つ空き家を改装した。
撮影修了後も看板などのセットを2月17日まで展示してある。
 小牧市のパート桜井幸恵さん(50)と森田実香さん(48)は、店の外装を写真に収めながら「ドラマは見応えがあって時に泣けてくる。現場に来るとそれらのシーンが思い出されます」。
天白区の主婦山田政子さん(56)は「大好きな地元の大須が登場するし、懐かしい俳優さんが出ているので続きが楽しみ」と話す。
 他にも仁王門通や裏門前公園などでロケが行われた。
撮影場所に大須を選んだ理由について、NHK名古屋放送局の青木信也チーフプロデューサー(49)は「多様な文化を受け止める街の包容力が、いろいろな夫婦の悩みを修復していく相談室のイメージにぴったり」と説明する。
ロケ地を地図で紹介した「撮影地ガイド」も作られ、商店街で無料配布されている。
 撮影は昨年9月から12月にかけて行われ、商店街の人たちもエキストラとして大勢出演した。
大須仁王門通商店街振興組合理事長の伊与田裕久さん(55)は「第2話で商店街の人たちが真矢さんと一緒に踊るシーンでは、何度も撮影するため3時間も踊り続けて大変でした」と舞台裏を明かす。
 放送開始以後、商店街の「大須案内人」にロケの場所を尋ねる人も増えている。
伊与田さんは「とても面白いドラマ。全国の人に見てもらい、大須に足を運んでほしい」と話している。
 ドラマは2月17日までの毎週火曜午後10時から放送中。

----------------------<引用ここまで>--------------------------------

|

« エレキッズ会員限定イベント「春の親子バス見学会」 (3/29) | トップページ | おやじバンド 円頓寺PR »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。