« 四間道の”かぶと” | トップページ | 洲崎のちょうちん祭 (7/20~7/21) »

2013年7月12日 (金)

手づめ最中の 種久商店

FineCity(ファインシティ)から北約710mに四間道と呼ばれる昔の雰囲気を残している場所があります。
090531_08

先日のテレビで、四間道と円頓寺商店街の間にある手づめ最中の”種久商店”が紹介されていました。
130428_22
上の画像は、テレビ番組をキャプチャしました。

種久商店(タネキュウショウテン)(紹介記事・・・食べログ)。
名古屋市西区那古野1-21-13
電話:052-551-3736

130428_23
上の画像は、テレビ番組をキャプチャしました。

手づめ最中というのは、上のように皮とあんが別々な状態で売られていて、食べる時に皮の中にあんを入れて食べるので、手づめ最中ということです。
皮があんでしっとりする前に食べられるので、サクサクの皮としっとりあんの最中が食べられます。

130428_25
上の画像は、テレビ番組をキャプチャしました。

|

« 四間道の”かぶと” | トップページ | 洲崎のちょうちん祭 (7/20~7/21) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。